平良木さんとの出会い

Meeting with fruit farmers HIRARAGI

この日本にクッキングアップルのおいしさを。

平良木さんは横手市で、りんご、もも、さくらんぼの栽培を行っている若手果樹農家。
明治時代から果樹栽培を営む「ひららぎ果樹園」の4代目です。
平良木さんと出会うまで、私たちは焼菓子には「紅玉りんご」を使うのが一番だと考えていましたが、
平良木さんはこう助言してくれました。

紅玉だけが調理に向いているわけではありません。
世界には知られていないクッキングアップル(調理用りんご)はたくさんあります。
その個性は実に様々で、海外では料理によってりんごを使い分けてその味を楽しむのが普通です。

でも、日本は甘いりんごほど高値で取引されるので、果樹農家は甘いりんごしか栽培しなくなって、
料理用の酸っぱいりんごの木は、日本から消えてしまいました。

こうして日本では、菓子にも料理にもあたり前に生食用の甘いりんごが使われてきました。
日本人はまだクッキングアップルのおいしさを知らないんです。

「紅の夢」との出会い

そんな平良木さんが栽培にチカラを注いでいるのが、果肉まで赤いりんご「紅の夢」でした。

「このりんごは絶対にクッキングアップルです!」と胸を張る平良木さん。
試しに調理して食べてみると「紅玉」以上の濃厚な風味にスタッフ全員目をまるくして驚きました。

早速、当店のお客様に知っていただこうと、焼菓子での提供をスタートし、
お客様にご意見を伺いながら調理の幅を広げました。

その翌年にはオンラインストアで販売開始。全国から注文が殺到しおよそ1ヶ月で完売してしまいました。
その後、平良木さんも圃場を拡大しておりますが、需要も増え続けている状況です。

クッキングアップルの需要は、今まさに現在進行形で起きています。
私たちはこの「りんごの新しいおいしさ」を、一緒に広めていただける企業様を探しております。

クッキングアップルのおいしさ

クッキングアップルの魅力

空白の20年。一度は日本から姿を消したクッキングアップル。酸っぱいりんごの本当のおいしさ。

神様がくれたりんご「紅の夢」

果肉まで赤いりんご「紅の夢(くれないのゆめ)」は、焼菓子にぴったりのクッキングアップルです。

りんごのコンポート

紅の夢の美しい色と濃厚な風味がたのしめるコンポート。焼菓子や生菓子、ドリンクにも。

りんごのドライフルーツ

固すぎず、柔らかすぎないセミドライ。ワインにとてもよくあう大人向けのドライフルーツ。

「紅の夢」を使った焼菓子

紅いりんごのチーズケーキ

紅の夢コンポートがゴロンとのった、ちょっと愛嬌のある見た目。生地の中にもカットした紅の夢コンポートが入っており、食感のコントラストが楽しめます。

紅いりんごとクルミのタルト

有機JASのクルミをたっぷり使用した、焼菓子好きにはたまらない「ガリガリ食感」のタルト。木の実の香ばしさと紅の夢コンポートの酸味が楽しめます。

紅いりんごのアーモンドタルト

有機JASのアーモンドクリームとアーモンドプードルを贅沢に使ったコクのある生地に、紅の夢コンポートのスライスをびっしりとデコレーション。


TOP